ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》

ボルボは日本ではプレミアム性を強調しているが、基本的には多くの人に向けたファミリーカーのメーカーだ。ただ、同時にスポーツ性も追求していて、かつて世界耐久選手権で「240」が活躍したし、「850」の時代にはエステートで英国のツーリングカー選手権に参戦していたこともある。

そして今はポールスター・シアン・レーシングが世界ツーリングカー選手権に参戦し、2016年の上海ラウンドで初優勝を遂げるなど、ボルボもスポーツ性の高い自動車メーカーであることを示している。

ボルボとポールスターは提携関係にあったが、ポールスターの市販車部門はボルボが買い取り、ボルボのスポーツモデルを扱うブランドとしての性格を明確化した。

かつてはエンジンのコンピューターチューンから始まったポールスターも、今やコンプリートカーを提供する形で販売されている。

そして最新のポールスターが『S60/V60』に設定された。2016年前半まで販売されていたひと世代前のポールスターは直列6気筒3.0リットルのターボ仕様エンジンを搭載していたが、今回のポールスターはボルボがドライブEと呼ぶ新世代の直列4気筒2.0リットルエンジンをチューニングして搭載する。

パワー&トルクは270kW/470Nmの実力で、この数値は3.0リットル時代を上回るものとされている。市販車用のエンジンをベースにしながらも、どこまで性能を引き出せるのかと驚かされるばかりの性能である。

今回の試乗では、アップダウンとワインディングの多い道路を貸し切り状態にして、完全に一方通行で走れる設定だったので、思い切りアクセルを踏み込むことができた。

高い動力性能を持つエンジンながら、荒々しさを感じさせるのではなく、より洗練された感じでパワフルな実力を発揮するのが特徴だ。

走行モードはスポーツモードに加え、シフトアップを4000回転以上で行うスポーツ+モードも用意されていて、これを使って走るとグイグイという感じで加速していく。これがボルボかと思うような性能である。

エンジンの吹き上がりの荒々しさや加速感では、同じ2.0リットルのDOHCターボ仕様エンジンを搭載する『シビックタイプR』の方が上回っている感じだが、ポールスターはより滑らかな印象で、なおかつ速いと感じた。

専用にチューンされたサスペンションに20インチのミシュラン製パイロット・スーパースポーツを装着した足回りは、高い操縦安定性を発揮し、いろいろなRのコーナーが連続する試乗コースを気持ち良く走り抜けることができた。

内外装のデザインからエンジン、足回りに至るまで全面的にチューニングされたS60ポールスターの価格は839万円。S60のベースグレードから見ると2倍に近い価格である。ポールスターに施された仕様や性能の高さを考えたら、価格が高くなるのもやむを得ないところだ。

ポールスターはまだ、メルセデス・ベンツのAMGやBMWのMほどには定着していない。今回のモデルはセダン35台とエステート65台の合計100台が限定販売されるのにとどまるのは、そのあたりも考慮してのことだろう。

S60/V60ポールスターは、ボルボのブランドイメージにスポーティな要素もあることを、改めて認識させるのは間違いない。AMGやMに匹敵するようになるための道はまだ遠いが、それに向けて更に一歩を進めることになった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》 ボルボ S60ポールスター《撮影 松下宏》