オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》

その感動レベルはほとんどTV番組「和風総本家」級!? オーテックジャパン創立30周年記念車『マーチ・ボレロ A30』。走らせて実感したのは、30台限定だからこその、匠の技が息づく仕上がりぶりだった。

何しろ驚いたのは冴えた走り。ベース車とは一線を画す…どころか、まったく別次元の気持ちよさを味わわせてくれたからだ。ポイントは約90mmのワイドトレッド化を伴った足回りの強化、ボディ補強、それからスペシャルなエンジンによるもの。

とくに足回りは、想像していた以上で「安定感たっぷりで乗り味も上々、身のこなしも実にしなやか」といったところ。締まっていてロールはしっかり抑えられ、補強されたボディはとくにリヤまわりの“支えられ感”を実感させてくれるし、サイズアップされたダンパー(筒径約20%アップ、KYB製)は速度を問わずキッチリと仕事をしてくれる。

タイヤは205/45R16 87Wのミシュラン・パイロットスポーツ3を装着、これも街中なら快適で静かな乗り味と、クセのない的確なグリップ、接地感を実感させてくれる。総じて、マーチより1〜2クラス上の快適でスポーティなグレードのクルマの走りっぷりだ。

エンジンも冴えている。実はここには書き切れないのだが、たとえばクランクシャフトはカウンターウエイトに横穴をあけタングステンを嵌め込んだり、コンロッドもフル切削鍛造でボルトも強化タイプだったりと、パーツ単位だけでも実に贅沢な内容。それが同社の匠の技で手組みされるというのだから、本当にスペシャルなユニットなのだ。

そしてその走りは、胸のすくものだった。1.6リットル(HR16DE型)と排気量は十分なゆとりだが、決してヴィヴィッド過ぎず、アクセルワークに的確に気持ちのいいパワーフィールを返してくれる。とはいえ回した際の“どこまでも回転が伸びていく感じ”は爽快のひとこと。ベースユニットに対し最高出力の発生ポイントは+1000rpm、低・中速のトルクも充実しているから、5速MTを駆使して、走らせやすく気持ちのいい仕上がりが味わえる。

外観では、ワイドフェンダーの仕上がりぶりが見事だが、ここにも匠のセンスが。センター2本出しのマフラーが覗く後ろ姿は、高性能ヨーロピアンコンパクトを思わす存在感。鍛造フル切削工法のホイール(エンケイ製)も、スーパーGTのホイールを手がける職人の技が生み出したものといい、見ただけで高品質感が伝わってくる。

レカロLX-Fを装着した室内は、全体をシルバーのステッチで統一。センターパネルにはシリアルナンバーを刻印したプレートがつく。

抽選でオーナーが決められたという同車。このクルマのキーフォブを手にしたオーナーは、おそらく買ってよかった、乗れてシアワセだ…と思うに違いない。こういう匠の技の継承は大事だことだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》 オーテック マーチ ボレロ A30《撮影 島崎七生人》