「駅ナンバー」を記載した駅名標のイメージ。2018年3月から使用を開始する。《西日本旅客鉄道》

JR西日本は7月20日、近畿エリアの12路線・のべ300駅に「駅ナンバー」を導入すると発表した。2018年3月から使用を開始する。

JR西日本は2014年度から、近畿エリアの路線に路線記号とラインカラーを導入。同社の「中期経営計画2017」で盛り込んだ「海外からお越しのお客様の受け入れ態勢の充実」の一環として実施しているもので、2017年3月からは東海道本線・山陽本線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)などを走る新快速列車の種別表示にも路線記号を表示する予定だ。

発表によると、駅ナンバーはこうした取り組みの最終的な仕上げとなるもの。路線記号を付けた21路線のうち、訪日外国人客の利用が多い12路線の駅に駅ナンバーを導入する。各駅の番号は、各路線記号の始発駅から終着駅の順に付番するが、相互直通列車が多い路線では分岐駅の番号を共通にし、そこから連番にする。

北陸本線・琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線(路線記号「A」)の敦賀〜姫路間の場合、敦賀駅を「A01」として順に付番し、京都駅が「A31」、姫路駅が「A85」になる。一方、湖西線(路線記号「B」)の敦賀〜京都間は敦賀駅を「B01」ではなく「B08」とし、京都駅では「A31」と数字が同じになる「B31」にする。

おおさか東線(路線記号「F」)は、放出駅の「F08」から始まり、久宝寺駅が「F13」になる。2018年度末までに延伸開業する予定の新大阪〜放出間に設けられる新駅は「F01」〜「F07」、2018年春に開業する予定のJR長瀬〜新加美間の新駅は「F13」が割り当てられる。このほか、JR京都線の摂津富田〜茨木間や山陰本線(嵯峨野線)京都〜丹波口間などに設けられる新駅の番号も既に設定されており、開業までは欠番の扱いになる。

駅ナンバーは駅名標や車内案内表示器などで表示するほか、新型の自動券売機「HT50型」も駅ナンバーに対応。駅ナンバーを入力することで目的地の駅を検索し、切符を購入できる機能を追加する。

「駅ナンバー」を記載した路線図(一部)。山科などの分岐駅では数字が可能な限り共通になるよう付番される。《西日本旅客鉄道》 「駅ナンバー」を表示した車内案内表示器のイメージ。《西日本旅客鉄道》 新型券売機の「駅ナンバー」入力画面のイメージ。《西日本旅客鉄道》 路線記号とラインカラーは既に導入されている。写真は阪和線・関西空港線で運用されている225系電車の種別・行先表示器で、関西空港線の路線記号「S」とラインカラーの青が表示されている。《撮影 草町義和》