アリオン 写真のグレードは「A15“G-plusパッケージ”」 FF駆動方式/ブラッキッシュアゲハガラスフレーク/フラクセン 合成皮革+ファブリック(ハイラグジュアリー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》

いまでは希少な5ナンバーセダンで、「日本の正統派セダン」とうたうトヨタ『プレミオ』『アリオン』は、「外は息子も乗れるアグレッシブさを、中は高齢者に多いご操作を注ぎ込んだ」という。その新たな表情は、木更津の風景にどう映るか。30枚の写真とともに見ていこう。

6月末から店頭に並び始めたプレミオ/アリオンのマイナーチェンジ版は、1957年に登場した『トヨペット・コロナ』がルーツ。トヨタでプレミオ/アリオンの主査を務める原田友康氏は「既存ユーザー層は60代後半から70代。もともとコロナやカリーナに乗っていた人たちが多く、プレミオ/アリオンはずっと乗り続けている」という。

「日本の市場では、こうしたセダンが少なくなってきた。このプレミオ/アリオンは、コロナからずっと乗り継いでくれる人が多い。ほかのメーカーも含め、セダンを乗っていた客が、新しいクルマを探そうとなると、適当なクルマが見つからない。だから他車からの乗り換えも多い。セダンの希望する人たちにはよい反応だ。国内では日産『シルフィ』しかないけど、このクルマも3ナンバーになってしまったから」(原田氏)

最も変わったフロントデザインについて原田氏は、「トヨタのセダンっておとなしい感じ。つまらないという人もいる。そんななか、今回のデザインは押し出し感のある力強いイメージを出せた。逆に出し過ぎて、60代や70代からは遠慮されると思うぐらいだったが、実際に販売し始めたらそんなことはなかった」という。

「グリルの違いだけを見て、プレミオは正統派セダン、アリオンはスポーティなセダンというイメージが伝わるように仕立てた」というフロントスタイルについては、「ダンベル状のフロントアンダーグリルをメッキで強調することで、安定感、低重心感を引き立てている」(トヨタ関係者)とも話していた。

ダンベルで鍛え上げたような表情に変わったプレミオ/アリオン。その“内側”では、既存ユーザーを守る技術が標準装備された。

原田氏は「このプレミオ/アリオンには、駐車時の操作ミスなどによる衝突の被害を軽減・回避するインテリジェントクリアランスソナーを標準装備した。とくに、既存ユーザー層の多くを占める60〜70代では、こうした誤操作が多いといわれているので、発進から駐車まで、安心感を持って乗ってもらえるとろこもこのクルマのポイントだ」とも伝えていた。

アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 アリオン(ミニカー)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》