オークションで3207万5200ユーロで落札されたフェラーリ335Sスカリエッティ《撮影 内田俊一》

2月3日から7日にかけて、フランスパリのPORTE DE VERSAILLES(PARIS EXPO) において、フランス最大級のクラシックカーショー、「SALON RETRO MOBILE 2016 」が開催された。

1975年に初開催され、今回41回目を迎えるこのイベントは、大きく4つの見所がある。ひとつはクラシックカーを扱う高級ディーラーやオークション会社、クラシックカーのイベント会社のブース。次に、シトロエンやプジョー、ルノーなどの自動車メーカー系。そして様々なメイクスのカークラブ。最後は、ミニカーや本、カタログ、パーツ、オートモビリア等を扱うショップのブースである。

もともとは後者2つがメインで始まり、クラブブースでは、それぞれ趣向を凝らした展示が行われたり、また、一見ガラクタに見えるようなものでも、実はめったに見つけられないようなパーツ等を扱うショップのブースなど、いわばクラシックカーのフリーマーケット然としていた。しかし、近年はメーカー系が自社のヘリテージを披露する場として、また、キレイにレストアされたクラシックカーを展示したクラシックカーディーラーが、顧客との商談の場としても活用。次第にクラブブースやパーツ類を扱うブースは減ってしまった。

それでも、毎年2月初旬に開催されるこのイベントは、ヨーロッパ中からクラシックカーファンが集まり、会場は熱気に包まれる。今年も来場者数は11万人を数えるほど盛況なこのイベント。その理由は年始初の大きなショーであることのほかに、少なくなったとはいっても、クラブやパーツを扱うブース等は大いににぎわっており、また、キレイにレストアされたクラシックカーを一度に見られることも魅力につながっているからだ。

来場者たちは、5万1000平米を超える会場に500台以上展示されたクラシックカーを眺め、また、興味のあるブースで立ち止まり、そこにいる人たちとの会話を楽しんでいた。

2017年は2月8日から12日にかけて同会場にて開催される予定だ。

ルノーはF1をはじめモータースポーツをフィーチャー《撮影 内田俊一》 クラブブガッティフランスのブース《撮影 内田千鶴子》 ブガッティ専門ショップ《撮影 内田俊一》 LES AMIS DE DELAGE(クラブドラージュ)のブースにはアガ・カーンが使用したD8 120カブリオレが展示された《撮影 内田俊一》 半分のみフルレストアをし、自社の腕の良さをアピール《撮影 内田俊一》 イタリアのカロッツェリアツーリングもレストア部門が出展《撮影 内田俊一》 アミカルファセルヴェガ《撮影 内田俊一》 イギリスのビューリーナショナルモーターミュージアムは、フィアットS76 を出展。エンジンをかけるデモンストレーションを行っていた《撮影 内田俊一》 今回はシトロエンのみのオークションも《撮影 内田俊一》 オークションではペダルカー類も出品された《撮影 内田俊一》 このようなクルマのアート関連のブースもある《撮影 内田千鶴子》 新旧様々な洋書を扱ったブースもいくつか《撮影 内田千鶴子》 多数のミニカーたち《撮影 内田俊一》 看板やステアリング、ランプ類を扱うショップ《撮影 内田俊一》 SALON RETRO MOBILE 2016《撮影 内田千鶴子》