ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》

ドイツの高級スポーツカー、ポルシェは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、『911カレラ』の改良新型モデルを初公開した。

改良新型モデルの特徴が、ダウンサイジングの新開発ターボエンジン。従来の自然吸気の3.4リットル(911カレラ)および3.8リットル(911カレラS)水平対向6気筒を、3.0リットル水平対向6気筒ツインターボに変更する。

スペックは911カレラ用が、最大出力370ps、最大トルク45.9kgm。911カレラS用が最大出力420ps、最大トルク51kgm。排気量を400-800cc縮小しながら、従来よりもパワーは20ps、トルクは6.1kgm上回った。

動力性能はPDKの「スポーツクロノパッケージ」の場合、911カレラが0‐100km/h加速4.2秒、最高速295km/h、911カレラSが0‐100km/h加速3.9秒、最高速308km/h。従来モデルに対して、0-100km/h加速は0.2秒短縮。最高速は4-6km/h上回る。とくに911カレラSの0‐100km/h加速3.9秒は、911カレラシリーズで初の4秒切りとなる。

ダウンサイジングエンジンならではの長所が、燃費の改善。911カレラの欧州複合モード燃費は、13.5km/リットル。従来比でおよそ12%向上している。

ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15) ポルシェ 911 カレラS  改良新型(フランクフルトモーターショー15) ポルシェ 911 カレラS  改良新型(フランクフルトモーターショー15) ポルシェ 911 カレラS  改良新型(フランクフルトモーターショー15) ポルシェ 911 カレラS  改良新型(フランクフルトモーターショー15) ポルシェ 911カレラS ポルシェ 911カレラS ポルシェ 911カレラS カブリオレ ポルシェ 911カレラS 3.0リットル水平対向6気筒ツインターボエンジン ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 ポルシェ 911 カレラS 改良新型(フランクフルトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》