VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》

これで1.4リットルか。思わず諸元表を見直してしまう。そこにはやはり、排気量は1394ccと書いてある。

インタークーラー付きターボとはいえ、この大きなボディサイズをここまで軽々と運ぶとは。フォルクスワーゲンがいち早く日本に導入し、排気量の大きさと高級さが比例するものではないと繰り広げたダウンサイジング戦略。国交省の燃費審査値であるJC08は、実際の走行と同じではないとはいえ(エアコンオフで走るしね)、20.4kmは立派である。

軽い乗り心地。真摯にマジメに作られたボディの剛性感が、車内に静けさと落ち着きを醸し出す。コーナーを走っても、上体は左右にふられすぎず、ハンドルとボディの動きに違和感はなく、いや、それどころか、自分の感覚の2割増しで気持ちよく動き、高速道路では、エンジンは気筒休止などして燃費をさりげなく抑えつつ、するりと駆け抜ける。ものすごく品のいいスーツを上品に着こなした、いいとこ育ちの男性にエスコートされている気分である。されたことないけれど。

当然ながら、後部座席も座りやすく、荷物スペースは単身の引越しができそうなくらいに広い(持っている荷物にもよるけれど)。精悍になったフェイスマスクも悪くない。悪くない、そう、悪くないんだよ。

だけど、唯一、思うのは、私がドイツに住むのなら、このクルマを選ぶだろうなということ。からっとした空気では本場インドカレーが美味しいのに、日本の湿度の高いところでは、日本の給食カレーのほうが美味しく感じるように、日本の湿度充満で、クールビズといいながらスーツ以外はゴルフウェアしか思いつかない男性陣が多数生息するなかで、この清楚な実直さで生き抜けるのか。くだらない心配をしてしまうのである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。

VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》 VW パサート ヴァリアント《撮影 岩貞るみこ》