新型フォード・エコスポーツ

米国の自動車大手、フォードモーターの欧州法人、フォードオブヨーロッパは8月20日、7月の欧州市場における新車販売の結果を公表した。総販売台数は、10万0500台。前年同月比は5.3%増と、8か月連続で前年実績を上回った。

信用不安を抜け出した欧州市場は、回復傾向にある。7月の前年同月比は5.3%増と、8か月連続のプラス。それでも7月の市場シェアは、前年同月比0.3ポイント減の7.6%だった。

7月の車種別実績では、『フィエスタ』が2万2600台と、引き続き、フォードブランドの欧州最量販車に君臨。これに続いたのは、『フォーカス』で1万9700台。以下、
『クーガ』が8600台、『C-MAX』が7300台など。

フォードモーターの2014年の欧州新車販売は、前年比7.3%増の116万台。2015年1-7月実績は、前年同期比9.7%増の76万9300台だった。

フォードオブヨーロッパのRoelant deWaard営業担当副社長は、「2015年、新商品による販売の伸びが続いている。とくに7月、『エコスポーツ』は164%増、『モンデオ』は70%増と好調」とコメントしている。

フォード モンデオ フォード フィエスタ フォード・フォーカス フォード クーガ 新型