スズキ ソリオ 新型《写真 関航介》

スズキは、小型乗用車『ソリオ』『ソリオ バンディット』を全面改良し、8月26日より発売する。

今回の全面改良では、小型乗用車用の新開発プラットフォームを初採用。剛性や静粛性、衝突性能、走行性能などを大幅に向上させたうえで、軽量化を達成した。コンパクトなボディサイズはそのままに、クラストップの室内長2515mmと、ゆとりある前後乗員間距離1080mmを実現。室内高も1360mmとした。

パワーユニットは、新開発の1.2リットルK12C型デュアルジェット エンジンと、加速時にモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドを搭載。さらに100kgの軽量化を達成したことで、クラストップの低燃費27.8km/リットルと力強い走りを両立した。

そのほか、乗降性を高めた後席両側スライドドアや利便性が向上したリヤシートをはじめ、広い荷室と豊富な収納スペース、全方位モニター付メモリーナビゲーションの設定など、使い勝手や快適性を向上。デュアルカメラブレーキサポートなど、安全装備も充実させた。

価格はソリオが145万4760円から196万7760円、ソリオ バンディットが182万5000円から195万1560円。

スズキ ソリオ 新型《写真 関航介》 スズキ ソリオ 新型《写真 関航介》 スズキ ソリオ ハイブリッド スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド スズキ ソリオ ハイブリッド スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド スズキ ソリオ ハイブリッド スズキ ソリオ ハイブリッド スズキ ソリオ ハイブリッド スズキ ソリオ ハイブリッド スズキ ソリオ スズキ ソリオ ハイブリッド K12C型デュアルジェット エンジン ISG(モーター機能付発電機) 専用リチウムイオンバッテリー メーター 室内寸法 車体寸法 センターウォークスルー&フラットフロア ワンアクションパワースライドドア サブトランク 全方位モニター付メモリーナビゲーション デュアルカメラブレーキサポート 助手席シートアンダーボックス ソリオ バンディット 室内空間 シートアレンジ ソリオ バンディット マイルドハイブリッド デュアルカメラブレーキサポート インパネアッパーボックス(運転席) リヤシートスライド