アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》

BMW公認のチューニングメーカー『アルピナ』が生産する、世界最速のディーゼル市販モデル、『アルピナD3ツーリング』の2016年改良モデルを初捕捉した。

外観の改良は、フロントバンパーおよびリアバンパーのリフレッシュ程度に収まりそうだ。

パワートレインも変わらず、350馬力を発揮する3リットル直列6気筒ツインターボが搭載されるもよう。何らかのアップデートがないのも珍しいが、それだけ現行モデルが最高の出来栄えということだろう。

よく比較される『M3』にはパフォーマンスで劣るが、燃費や価格では勝り、乗り込むうちに味わいが出てくると言われる。

所有した者しかわからない世界最速ディーゼル車の良さは、改良型でも引き継がれることだろう。

アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 アルピナ D3 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》