スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》

基本骨格を共用する『アルト』同様、『アルトラパン』でもベースグレードのGには、5AGSと呼ばれる、VWの『up!』などにも採用され、軽量かつコストパフォーマンスに優れるシングルクラッチ&2ペダルの5速MTが組み合わされる。

5AGS=ベースグレードという設定には疑問がある(理由は後述)。ラパンらしい2トーンカラーなどが選べず、装備が一部簡素化され、インテリアのマイルーム感覚が薄まるのは価格設定的に致し方なしだが、今どきドアミラーが手動というのはいかがなものか…とは思う。

しかし、走るとこれがいいのである。5AGSはアルトに搭載されたとき、ほんの少しギクシャクする場面もあったが、それでもこの種のミッションとしては上出来というのが定説。いや、かのVWのup!のものよりいいぐらいだった。

そのAGSは熟成が進み、ラパンではかなりスムーズな変速をこなしてくれるようになっている。AT、CVTしか経験のないドライバーだと最初は“基本MT”のギアのつながり感に戸惑うかもしれないが、自動で行われるギアをATのようにDレンジに入れ、1速でアクセルをそっと踏んで発進し、アクセルを戻してやることでギアがスムーズにアップしていくコツさえつかめば、どうということはない。

しかもマイルドでありながらしっかりした乗り味は上級グレードと変わらず、上級のCVT車で感じられた燃費最優先のエンジンのゴロゴロしたフィールは影をひそめ、一段とスムーズに静かに回ってくれるのだからゴキゲンだ。

車体の遮音、吸音材は上級のCVT車と変わらない…という説明だが、ロードノイズを含めた騒音の侵入はやや大きめ。これはミッションの違いが主だと思われる。それでもアルトと比較すれば、かなり静か。

個人的には上級装備と、この5AGSを組み合わせたグレードがあってもいいと思う。それぐらい、5AGSの出来がいいからだ。スズキは「AGSはかつてのベースモデルに組み合わせていた4ATの代わり」とガンコに譲らないが、もっと5AGSを陽の当たる場所に出してほしいというのが本音である(アルトも同様)。現在のGでは、女性が積極的に選びたくなる仕様ではないからだ。もし、Sグレード相当の仕様、装備なら、下記の5つ星評価のオススメ度は★4つになるだろう。

最後に褒めたいのは、衝突軽減ブレーキを含む先進安全装備を全車に標準化したこと(スズキ初)。新型ラパンは2WD車はGグレードを含め全車免税で、安全性・経済性もまたばっちり。実は足腰の筋肉隆々のうさぎちゃんだったりする。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★
ペットフレンドリー度:★★

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー
自動車専門誌の編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に寄稿。自作測定器による1車30項目以上におよぶパッケージデータは膨大。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がけ、犬との自動車生活を提案するドッグライフプロデューサーの活動も行なっている。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 ラパンG《撮影 青山尚暉》 スズキ アルトラパンG《撮影 青山尚暉》 スズキ アルトラパンG《撮影 青山尚暉》 5AGSのシフター《撮影 青山尚暉》 スズキ アルトラパンG《撮影 青山尚暉》 スズキ アルトラパンG《撮影 青山尚暉》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン G《撮影 太宰吉崇》