スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》

先代は車内外に隠れうさぎキャラが50匹以上もいて、それを見つけるクイズも話題になった『アルトラパン』。女性ユーザー比率は90%と、ほぼ女性向け軽ハッチバックモデルだった。

新型はその女性ユーザーに向けたデザイン、使い勝手をさらに向上させるため、社内に女性だけで構成するワーキングチームを発足。女性ユーザーの声を最大限、取り入れているのが大きな特徴だ。

基本骨格は定評ある最新の『アルト』のもの。プラットフォームやボディ、足回り、エンジンなど徹底した軽量化が計られているのも同様で、なんと先代比で約120kg、つまり大人2人分、スリムな女性なら3人分も軽くなっているのだ!!

それに加え、ワイドレンジな改良型副変速機付きCVT、スズキ自慢のエネチャージ、13km/h以下で作動する新アイドリングストップなどの相乗効果でJC08モード燃費は先代比約37%アップの35.6km/リットルを達成しているのだから驚かされる。ミッションはL/S/XグレードにCVT、ベースグレードのGにシングルクラッチの2ペダルMT=実は評判のいいASGが組み合わされ、こちらのモード燃費は29.6km/リットルとなる。

エクステリアはかわいさをアピールする“丸四角い”プロポーション。ルーフ〜Cピラー、ドアミラーを白く塗り分けた2トーンボディ、ブラウンとネイビー色があるフェンダーアーチモールの3トーンボディも個性的だ。

ベルトラインを35mm低め、周辺視界、取り回し性に配慮したインテリアはまさにリビング、マイルーム感覚。シート、ドア内張りには先代同様、往年のアルマーニを思わせる!? 質感の高いファブリック、またはキルティング表皮がおごられ、天井もまた凝ったキルティング風デザインでまとめられている。全体的な色味はベージュ系で明るく、淡色のウッド調パネル、助手席前のティッシュボックスがすっぽり入り、隠せる引出し式インパネボックスがマイルーム感覚を演出する。“加湿機能”を備えたナノイー付きオートエアコン、UV99%カットガラス、500ml紙パック(子供用でストロー併用とか)が入るボトルホルダー、豊富な収納など、装備類もまた女性ユーザー、子育てママの要望に応えたものと言っていい。

大人の女性にはどうかと思うが(もちろん男性だとかなり恥ずかしい?)、キャラクターがアニメ声で挨拶し、お知らせをしゃべり、メロディを奏でてくれる音声機能付メーターも完備する。

ラゲッジは開口高を先代より3cm低め、重い荷物の出し入れ性を改善。開口幅も5〜50mm拡大。ベビーカーなどの積み込み性も向上している。

ここで試乗したのは最上級のXグレード。価格は2WDで138万9960円だ。新型では隠れキャラのうさぎが15匹程度に減らされてしまったというが(何匹いるかは非公表)、そのかわいいうさぎのイメージとは裏腹に、走りは実に男性的というか、しっかりしたものだった。パワステは先代が「やや重すぎ」との声もあったため、軽めに設定されたはずだが、それでも軽すぎない適度な重さ。これならカーブや高速走行も安心できる。このあたりのさじ加減は見事だ。

前席のかけ心地はまさにソファ感覚で、しかし乗り心地はしっかり引き締まったタッチ。かつての軽自動車とは別格の上質感、心地良さあるものだ。エンジンは燃費性能を追求したため、ゴロゴロしたフィールが気になるシーンもあるにはあるが、NAでも動力性能は十二分。どころか高速道路を、筋力隆々の野うさぎのようにスイスイ走ってくれるのだから驚く。これならロングドライブでの運転者、乗員のストレスも最小限だろう。

ただし、120kgもの軽量化を計った…という軽さの印象は薄い。むしろしっかり安心して走れる運転感覚に好感を覚えた。軽すぎ感は、高速道路などでかえって不安を感じさせるものなのだ。

そうそう、ラパンを手に入れたら、キュートな内外装のオシャレっぽさを自慢し、うさぎの数を数えてもらうために、女友達を誘ってドライブする機会も増えそうだが、ならば買うべきはホワイト2トーンカラーが選べ、シート地などがグレードアップされるX、Sグレードだ。

そしてお友達を後席に乗せてあげれば「足元広い〜っ」という感動の声が上がるに違いない。なにしろ身長172cmのボクのドライビングポジションの背後でさえ、ひざ回り空間は先代の18cm(それでも広い)から、24cmまで広がっているからだ。ちなみにそのスペースはBMW3シリーズで19cm、ベンツEクラスで21cm、アウディA6で23cmなのだから、いかに広いかが分かってもらえると思う。

そんな新型ラパンは先進安全性能もばっちり、なにしろ衝突軽減ブレーキを含む先進安全装備を全車に標準化しているのだ(スズキ初)。しかも2WD車は全車免税対象。安全性・経済性もまたハイレベルなのである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★
ペットフレンドリー度:★★


青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー
自動車専門誌の編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に寄稿。自作測定器による1車30項目以上におよぶパッケージデータは膨大。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がけ、犬との自動車生活を提案するドッグライフプロデューサーの活動も行なっている。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

新型ラパン《撮影 青山尚暉》 スズキ アルトラパン《撮影 鈴木ケンイチ》 スズキ アルトラパン《撮影 鈴木ケンイチ》 スズキ アルトラパン撮影 中村孝仁 実はここにもウサギがいる。撮影 中村孝仁 スズキ アルトラパン《撮影 鈴木ケンイチ》 新型ラパン《撮影 青山尚暉》 ルーフはシート同様、ダイヤモンドステッチ風。撮影 中村孝仁 スズキ アルトラパン撮影 中村孝仁 新型ラパン《撮影 青山尚暉》 新型ラパン《撮影 青山尚暉》 新型ラパン《撮影 青山尚暉》 しゃべるうさぎ《撮影 青山尚暉》 テールゲート内側のうさぎ《撮影 青山尚暉》 テールレンズにもうさぎ《撮影 青山尚暉》 ドアの内側下にもうさぎ《撮影 青山尚暉》 マットにもうさぎ《撮影 青山尚暉》 新型ラパン 新型ラパン 床下収納は発砲スチロール スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》 スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》