ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》

バンコクモーターショー15のホンダブースで、我々日本人メディアが興味を持ったクルマ。それはステージ上に置かれていた新型『HR-V』(日本名「ヴェゼル」)ではなく、新型『モビリオ』だった。

モビリオといえば大人気の『フリード』の前身として日本でも販売されていた3列シートのコンパクトミニバン。その新型が、インドに続きタイでも昨年9月から発売されているのだ。

とはいえ、そのモビリオは、コンパクトな3列シーターであることを除けば日本人の知っているモビリオとはかなり違う。真四角だった日本のモビリオのようなボックス型ではなく、背の高いステーションワゴンのようなスタイルなのだ。ドアもスライドではなくヒンジ式である。車体サイズは全長4386(「RS」は4398)×全幅1683×全高1603mm。

メカニズムはアジア戦略車として開発された『ブリオ』をベースにしていて、フロントマスクからもその面影を感じることができる。そしてなんと、スポーツグレードの「RS」がラインナップしているのも興味深いところ。エンジンは全車ガソリン1.5リットル搭載で、ATのほかベーシックグレード「S」にはMTも設定する(「RS」にはない)。

価格は59万7000バーツから73万9000バーツ(約220万円〜273万円)。生産はタイ・アユタヤにある現地工場で行われ、同工場生産モデルとしては初の3列シート多目的車だ。

ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》 ホンダ モビリオ(バンコクモーターショー15)《撮影 工藤貴宏》