モリタホールディングスは、尾形和美取締役事業統括部長が社長に昇格する人事を内定したと発表した。

グループ事業展開に対応する経営体制の強化・充実と、世代交代を図るためとしている。

中島正博社長は代表権を持つ会長に就任する。6月下旬に開催する定時株主総会と取締役会で正式に就任する。

尾形氏は愛知大学法経学部卒後、森田ポンプ(現・モリタホールディングス)に入社、ポンプ事業本部や事業統括部長などを経て2011年に執行役員、2013年に取締役に就任した。55歳。