フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15)

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『488 GTB』をワールドプレミアした。

488 GTBは、『458イタリア』の大幅改良モデル。そのハイライトは、新開発のダウンサイジングエンジン。フェラーリは2014年春、『カリフォルニアT』を日本市場に導入。フェラーリとしては1987年発表の『F40』以来、27年ぶりのターボエンジン搭載車となった。

ジュネーブモーターショー15で初公開された488 GTBは、このカリフォルニアTに続いて、フェラーリのダウンサイジングターボ採用の第2弾となる。

488 GTBのミッドシップに搭載されるのは、新開発の3902cc V型8気筒ガソリンターボエンジン。排気量は458イタリアの4.5リットルV8自然吸気ユニットと比較して、およそ600ccダウンサイジングした。また、カリフォルニアTの3885ccに対しては、排気量がわずかに大きい。

488 GTBのスペックは、最大出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgm/3000rpm。458イタリアの4.5 リットル(最大出力570ps、最大トルク55kgm)比で、排気量を縮小しながら、パワーは100ps、トルクは22.5kgmも上回った。

トランスミッションは7速デュアルクラッチ「F1」。乾燥重量は1370kg。488 GTBは、0‐100km/h加速3秒、最高速330km/h以上の世界屈指のパフォーマンスを実現。これは、458イタリアの0‐100km/h加速3.4秒、最高速325km/hを凌駕している。

フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB(ジュネーブモーターショー15) フェラーリ 488 GTB フェラーリ 488 GTB フェラーリ 488 GTB フェラーリ 488 GTB フェラーリ 488 GTB フェラーリ 488 GTB