ロータス エヴォーラ 400(ジュネーブモーターショー15)

英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『エヴォーラ400』を初公開した。

エヴォーラ400の開発テーマは、「ロータスカーズの新しいフラッグシップ・スーパーカー」。ミッドシップに搭載される3.5リットルV型6気筒スーパーチャージャーは、専用チューニングを実施。最大出力400hp、最大トルク41.8kgmを引き出す。

動力性能は、0-100km/h加速が4.2秒、最高速が300km/h。ロータスカーズは、「ロータス史上、最速かつ最もパワフルな市販車」と自信を見せる。

エヴォーラ400が意識する存在が、ポルシェ『911カレラS』だろう。911カレラSは、3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力400ps、最大トルク44.9kgmを発生する。パワーは、エヴォーラ400と同数値。

911カレラSの性能は、PDK の場合、0‐100km/h加速4.1秒(スポーツプラス)、最高速302km/h。エヴォーラ400は、911カレラSに肩を並べる性能を手に入れている。

ロータス エヴォーラ 400(ジュネーブモーターショー15) ロータス エヴォーラ 400(ジュネーブモーターショー15) ロータス エヴォーラ 400(ジュネーブモーターショー15) ロータス エヴォーラ 400(ジュネーブモーターショー15) ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400 ロータス エヴォーラ 400