日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト

日産自動車の米国法人、北米日産は2月12日、米国で開幕したシカゴモーターショー15において、『370Z』(日本名:『フェアレディZ』)の「NISMO ロードスター コンセプト」を初公開した。

同車は、『フェアレディZ ロードスター』のNISMOバージョンを示唆したコンセプトカー。すでに、日本市場向けの生産終了が発表されたフェアレディZ ロードスターだが、オープンカーの主力市場、米国では継続設定されている。

現行フェアレディZのNISMO仕様は、クーペボディに続くもの。フェアレディZ ロードスターのNISMO仕様は、現時点ではコンセプトカーとして披露された。

内外装は、クーペボディの2015年型NISMO仕様に準じる。空力性能を追求したエアロパーツを採用。赤いリップスポイラーが特徴のバンパーや、LEDデイタイムランニングライトを装備した。カーボンファイバー製のリアスポイラーは、ロードスター専用デザイン。室内には、レカロ製のバケットシートを装着する。

3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力を350hpへパワーアップ。足回りは、サスペンションやブレーキなどを強化している。

日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト