MINI JOHN COOPER WORKS ハッチバック(デトロイトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》

2014年1月12日、デトロイトモーターショーにおいて、ニューMINIのハイパフォーマンス・バージョンである「ジョン・クーパー・ワークス」仕様がワールドプレミアムとなった。

ショー会場に展示されたのは、ベーシックな3ドア・モデルとペースマンの2モデルのジョン・クーパー・ワークス仕様であった。3ドア・モデルである「MINI JOHN COOPER WORKS HARD TOP」は最高出力228馬力の2リッター4気筒ミニツインパワーターボ・エンジンを搭載。0-60MPHは5.9秒、最高速度153MPHを実現する。一方の「MINI JOHN COOPER WORKS PACEMAN ALL4」は、最高出力208馬力の1.6リッター16バルブターボ。こちらの0-60MPHタイムは6.5秒。最高速度は127MPHとなる。

走行性能だけでなく、専用シートやステアリング、ホイールなどの専用装備を数多く用意されているのもジョン・クーパー・ワークス仕様の特徴だ。

北米市場には、ノーマルから850ドルをプラスした3万0600ドルからという価格で、この春から発売される。

MINI JOHN COOPER WORKS ハッチバック(デトロイトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 MINI JOHN COOPER WORKS PACEMAN(デトロイトモーターショー15)≪撮影・鈴木ケンイチ≫ MINI JOHN COOPER WORKS PACEMAN(デトロイトモーターショー15)≪撮影・鈴木ケンイチ≫ MINI JOHN COOPER WORKS ハッチバック(デトロイトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 MINI JOHN COOPER WORKS ハッチバック(デトロイトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 MINI JOHN COOPER WORKS ハッチバック(デトロイトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》 MINI JOHN COOPER WORKS ハッチバック(デトロイトモーターショー15)《撮影 太宰吉崇》