プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》

新型プジョー『308』「ハッチバック」の乗り味は、先代比約100kgの軽量化が際立つ、とにかく軽やかで、滑らかで、そして素晴らしくしなやかなものだ。3気筒1.2リットルターボエンジンは新採用の6ATのおかげもあって想像以上にいい仕事をしてくれる。

もし、それを基準に「SW」と呼ばれるワゴン版を「試乗もせずに」注文したとすれば、あれれ、ちょっと違うな…ということになるかもしれない。

308 SWはVW『ゴルフ ヴァリアント』のガチなライバルだ。ただ、スタイリングはゴルフ7 ヴァリアントのエッジの効いたシャープなイメージとは違い、ゴルフ7 ヴァリアント、308 ハッチバックより丸みを帯びたややボッテリした印象になる。言ってみればゴルフ6 ヴァリアントに近い。

ちなみにモード燃費は308 SWが16.1km/リットル、ゴルフ7 ヴァリアント コンフォートラインは21.0km/リットルである。

とはいえ、インパネの先進感あるデザインはなるほどプジョーの、フランス車の最新作を思わせる仕上がり。7インチタッチスクリーンの操作性はゴルフより明らかに新鮮だ 。

荷室の広さはクラス最大級。前後席背後から張れるネットパーティションの装備はもちろん、後席を格納したときのフロアのフラット度でゴルフ ヴァリアントを上回り、シエロならフロアにゴルフ ヴァリアントにない可動フック付きレールも備わり、使い勝手はなかなかのものだ。

そんな308 SWだが、走りに関してはハッチバックと同じではないのだ。

理由のひとつめはハッチバック最大の美点と言える走りの軽やかさが後退すること。車重が約50kgほど重く、前後バランスが異なるのがその理由だろう。例えば出足のスッとした加速感、ステアリングを切ったときの動きがハッチバックにくらべグッと穏やかになる。これは良しあしではなく、好みの問題かもしれないが…。

つぎに乗り心地。ハッチバックはとにかく素晴らしくしなやかで快適なのだが、SWは荷室の荷重に対処すべくリヤサスを硬めているようで、乗り心地は硬め。荒れた路面、段差の乗り越え時の音・振動が気になる場面もあった。

最後はこもり音の発生だ。ハッチバックより荷室部分の空間容量が大きいため、こもり音に関して不利なワゴンボディーだが、ハッチバックのすっきりした走行感覚・静粛性に対して、こちらは加速時のこもり音が気になりがちだったのである。

もちろん、3気筒ターボエンジンは高回転を使い続けるような回し方をしなければ3気筒感など皆無。ハッチバックよりほんの少しパワー&トルク感が落ちるものの、最新のアイシン製6ATによる"プジョー史上最高"のスムーズな変速もあって、 3気筒モデルとして意外なほど洗練された走りを見せるのか308 SWである。

最後にワゴンだとどうしても言いたくなるドッグフレンドリー度について。荷室開口地上高約620mm(ゴルフヴァリアント約620mm〜640mm)はワゴンの平均的数値 で中大型犬なら乗り降り可能な高さ(最近わが家にやってきたジャックラッセルのようなジャンプ力に優れた小型犬もOK)で、開口部に段差がないのも褒められる。ただし 、後席に直接犬を乗せる場合はシート地上高が約660mm(ゴルフヴァリアント約 560mm)とやや高め。また、ハッチバック、SWともにゴルフにある後席エアコン吹き出し口がないため、暑い季節に犬を後席、荷室部分に乗せる際には暑さ対策が必要だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★
ペットフレンドリー度:★★★


青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がける。現在、犬との自動車生活を提案するドッグライフプロデューサーとしての活動も広げている。

プジョー 新型308 SW《撮影 青山尚暉》 プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》 プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》 プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》 プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》 プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》 プジョー 新型308 SW Cielo《撮影 雪岡直樹》