プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人

『508 SW』に近い風格…そんな実車の第一印象は数字でも証明されている。ハッチバックが先代よりコンパクト化したのに対し、SWは全長で+70mm、ホイールベースで+20mm、それぞれ先代よりサイズアップしているからだ。

試乗車は「シエロ」。スタイリングは非常にプレーン。ただしサイドウインドを縁取るクロームのモールなど、さり気ないが綺麗に仕上げられている。リヤも専用デザインでバックドア開口部は低いバンパーの高さまで切り取られ、テールランプはハッチバックとは別モノの専用デザインだ。

ステアリングの外側から見越して眺めるメーター(タコメーターの指針は反時計回り)など、運転席まわりはハッチバックと共通。後席はハッチバックよりクッションがやや硬めだが、頭上と足元のゆとりは大きい。広く使い勝手のいいラゲッジスペースは、SWを選ぶ大きな根拠になる。

SWは今回全車16インチタイヤが標準で、ロングホイールベースとの組み合わせで、適度に穏やかなハンドリングが味わえる。乗り心地も、ハッチバックに対してよりしっとりとした味わいだ。エンジンは何と3気筒の1.2リットルターボ(96kW/230Nm)を搭載。6速ATとの組み合わせだが、“ドライバースポーツパック”で走行モードを切り替えれば、より活きのいい走りも手に入る。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人 プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人 プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人 プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人 プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人 プジョー308SW Cielo撮影 島崎七生人