JSR、ディスプレイ材料事業《出典 JSR ウェブサイト》

JSRは、台湾の化学大手である長春石油化学と、ディスプレイ材料を製造する合弁会社を、中国常熟市に設立すると発表した。

合弁会社は、「捷時雅精細化工(常熟)」で、資本金が2000万米ドル。JSRが51%、長春石化が49%出資する。新設する工場は、中国常熟市にある長春石化の現地法人敷地内に建設し、液晶ディスプレイ(LCD)用材料である着色レジスト、感光性スペーサー、保護膜などを生産する。2015年中頃に着工し、2016年中に生産開始する予定。

ディスプレイ材料は、アジアを中心に需要が急拡大しており、JSRでは、これら需要に対応するため、韓国にJSRミクロ・コリア、台湾にJSRミクロ・タイワンを設立して、顧客に近い立地で供給してきた。

今回設立する合弁会社は、ディスプレイ材料事業として、JSR3カ所目の海外生産拠点となる。

中国では、政府が進めるLCDパネル国産化政策を背景に、今後も成長が見込まれており、2020年頃には世界最大の市場になる見込み。