プジョー 308 SW《撮影 諸星陽一》

フルモデルチェンジしたプジョー『308』にもステーションワゴンのSWがラインアップされる。ホイールベースは4ドアより110mm長く、全長は325mm長い。

『レヴォーグ』よりも少し短く、少し幅のある308 SWは日本でも使いやすいサイズに仕上がっている。ただし全幅は1805mmと残念ながら1800mmを5mmオーバーしてしまうので、規定が厳しいマンションなどでは駐車場が確保できない可能性もあるのが残念な部分。

ラゲッジルームは広くフラットで使いやすいデザイン。定員乗車状態で610リットルの容量を持ち、フルラゲッジ時には1606リットルまで拡大可能。ワゴンとしての性能はかなり高い。さらにその拡大方法もラゲッジルーム内のレバーを引けばオーケーとイージーになっている。

搭載されるエンジンは1.2リットルのターボで最高出力は130馬力。パワー感、トルク感は必要にして十分なレベル。かなり力強い走りを可能にしている。試乗はサーキットだったが、あまり不足を感じることはなかった。

4ドアの308に比べてホイールベースが長い分、クルマの動きには安定感が伴っていて、ロングドライブ向きのセッティング。ステアリングはかなり小径で、ステアリングの間からメーターを見るのではなく、メーターの上にメーターが見えるレイアウト。小径ステアリングには是非があるが、肩幅が狭い人でも扱いやすい、小さな動きで大きな切れ角になる…などのメリットも大きい。

日本ではワゴン車が激減しているだけに、輸入車好きでなくてもこうしたクルマが購入候補にあがることがあるはず。価格はガラスルーフの付く上級のシエロが339万円、ベースグレードのプレミアムが299万円。SWには中間グレードのアリュールが用意されていない。このためクルーズコントロールが欲しい場合はシエロを選ばざるを得ない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。

プジョー 308 SW《撮影 諸星陽一》 プジョー 308 SW《撮影 諸星陽一》 プジョー 308 SW《撮影 諸星陽一》 プジョー 308 SW《撮影 諸星陽一》 プジョー 308 SW《撮影 諸星陽一》