フリースケール本社

フリースケールは11月17日、OpenCL(Open Computing Language)ベースの車載開発環境の提供をまもなく開始すると発表した。

新たな開発環境を提供することで、自動車メーカーや車載機器メーカーに、さまざまな先進運転支援システム(ADAS)技術を広範な車種に迅速に導入できる市場を開放する。

現在のADAS市場では、オープンな標準規格が欠如しており、各社がそれぞれに閉鎖的なADASシステムを独自開発している状況だ。しかし、これでは開発は進まず、革新的な設計も誕生しない。このような流れを変えるべく、フリースケールは、ADASシステム向けのOpenCL開発環境を提供する。

OpenCLは、プラットフォーム間で共有ができ、並列プログラミングを対象とするロイヤリティフリーの標準規格。さまざまな市場の幅広いアプリケーションにおいて、速度と応答性を大幅に高めることができる。なお、OpenCLオープン標準規格の策定・管理は、非営利の技術コンソーシアム「Khronos Group」によって行われている。

またフリースケールは、スマートフォン・アプリの実行を目的として設計された民生用半導体ソリューションでも車載アプリケーションにも利用可能で、自律走行の品質や信頼性を確保できるという考えは自動車産業にとって極めて危険だと警鐘を鳴らしている。

同社では、車載グレードの品質要件を満たすべく新規設計された高い安全性を備えた組込み半導体製品の導入を通じて、自動車のセーフティを高めることが必要だと提案。ADASシステムの主要なプロバイダやサプライヤに対し、業界全体で取り組み方を刷新することを訴えている。

フリースケール(WEBサイト)