プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》

ちょっと厳しめの★ふたつ。プジョーファンに怒られそうだな。でも、大事なことなのでぜひお伝えしたい。

今回、試乗した『308 SW シエロ』、こもり音がひどかった。もともと私は「燃費向上のためにシフトタイミング調整してエンジン回転数ぎりぎりにして、その挙句、クルマをこもらせてどうすんのよ?」と、意地悪な評価をしがちなのだが、その点を差し引いてもこもるのである。

タコメータをときどきちら見しながら走ってみると、ノーマルモードで走った場合、60〜70km/hという速度域ではシフトが5速でキープするようにプログラミングされている。試乗中、ちょっと速度が落ちてアクセルを踏んでも、5速のままでいることが多かった。

すると、エンジン回転数が1700〜2000回転くらいになり、ここで不愉快な振動が出る。こもるのである。フランス人は気にならないのだろうか。私が意地悪なだけなのだろうか。私の走り方が悪いのか? いや、何度もこの速度域で試してみたのだけれど、やはり状況は変わらず、めっちゃめちゃ好みのクルマだけに非常に残念な思いでいっぱいになる。

この振動&こもる感じは、スポーツモードへと切り替えると出なくなる。エンジン回転数が2000回転以下には下がらないようになっており、この不快さはゼロなのだ。では、常にスポーツモードで走っているか…って、そんなわけにはいかないし。

サンルーフは大きくて気持ちいいし、インテリアはシンプルで好きだし、荷物スペースは入り口の敷居が低く、広くて使いやすそうだし。洒落系SWとしては合格だし、個人的にもビンゴなのだけれど、このこもり音だけは、不合格である。


■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材中するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。

プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー 308SW 新型 プジョー 308SW 新型 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308 SW(ジュネーブモーターショー14)《撮影 太宰吉崇》 プジョー・308SW 新型 プジョー 308 SW 新型 プジョー 308 SW