ランボルギーニ ウラカン写真提供 ランボルギーニ

ランボルギーニ『ウラカン』は、ランボルギーニ史上最も成功を収めたという『ガヤルド』の後継にあたるモデルで、生産が軌道に乗る来年には2000台は販売したいという。

「ラグジュアリーモデル市場では、常に供給する量を需要よりも下回るようにすることが非常に重要なことだと考えている」と話すのは、アウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏。

一方、「現時点でウラカンは、約2500台を販売した」という。そのうち試乗後の購入はほんの僅かであることから、「実際にウラカンに乗ると、非常にいいクルマなので、これから実際に各市場で配車、納車が始まり、また、雑誌などにも掲載され始めると、さらに販売できるチャンスは増えてくると思う」と述べる。

その見通しとしてヴィンケルマン氏は、「来年ウラカンだけで2000台は行けると思っている。ガヤルドが一番売れた2008年で1850台だったので、これを上回ると考えている」とし、ビジネス拡大に意欲を見せると同時に、需要に対し供給量に余裕があることを暗に示した。

ランボルギーニ ウラカン写真提供 ランボルギーニ ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ ウラカン《撮影 内田俊一》