あべのハルカス」向け最適化制御システム日立製作所提供

日立製作所は7月10日、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市、地上高300m)向けに熱源設備の最適化制御システムを受注・納入、本格稼働を開始したと発表した。

この制御システムは、ハルカスの空調などの熱源となる冷凍機や冷却塔といった、運転に膨大なエネルギーを要する熱源設備を対象とした熱源設備の制御システムとして、年間約5000トンのCO2削減目標達成と省エネルギー化に貢献する。

ハルカスは、2014年3月7日に全面開業した複合施設で、駅、百貨店、美術館、オフィス、ホテル、展望台などが入居している。このような施設を集積した先進的な立体都市として、ハルカスでは、年間約5,000トンのCO2削減を目指し、省CO2や省エネルギーを実現する様々なエコ先進技術が取り入れられており、日立の最適化制御システムは、そのエコ先進技術の一つとして活用される。

日立が納入した最適化制御システムは、熱源設備から稼働情報をリアルタイムに収集・演算することにより、CO2排出量やランニングコストが最も低くなる熱源機器の組み合わせや制御設定値を算出し、それらを制御目標値として熱源設備に自動で指示を行う役割を果たす。

日立は、ハルカスの熱源設備に、一元管理・見える化を図るシステムも併せて納入している。これにより、熱源設備に用いられる機器単体や設備全体のエネルギー消費効率やCO2効率、運転コスト効率などの各種KPI(Key Performance Indicator:重要経営指標)に基づく運転管理が可能となる。

これらは、ハルカス内の専用ネットワークにあるパソコンから、Webブラウザを用いてビジュアルなグラフを閲覧することができるため、施設管理を行う関係者全員での情報共有を図ることができる。