マツダ トリビュート(2代目)

マツダとフォードモーターが共同開発し、日本国内でも初代モデルが販売されたSUV、マツダ『トリビュート』。同車の2世代目モデルが米国において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは6月18日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。2008‐2011年モデルの2代目トリビュートについて、マツダの米国法人、北米マツダからリコールの届け出があったと公表している。

今回のリコールは、電動パワーステアリングの不具合が原因。NHTSAによると、ステアリングのトルクセンサーが、ドライバーの操舵を正しく検知せず、この結果、電動パワーアシストが得られない可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2006年10月から2010年9月までに生産され、米国で販売された3万3000台。なお、トリビュートは日本では初代が販売され、2代目北米専用車となったため、日本で今回のリコールに該当する車両はない。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に連絡。パワーステアリングコントロールモジュールのソフトウェアをアップデートするリコール作業を行うとしている。

マツダ トリビュート(2代目) マツダ トリビュート(2代目)