シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》

ゼネラルモーターズ・ジャパンから発売された、シボレー『コルベットコンバーチブル』は、クーペと同時並行で開発された。

ゼネラルモーターズ・ジャパンコミュニケーションズのジョージ・ハンセンさんは、「基本的な構造は同じで、幌の収納スペースを作るための変更と、シートベルトのアンカー部分が変えられた程度だ」と述べる。

このルーフは電動で開閉出来、リモコン操作も可能だ。ハンセンさんによると、「幌も三重構造で、リアウインドウもガラスなので、快適でラグジュアリーな空間を演出している」という。因みに時速50kmまでであれば屋根の開閉は可能だ。

「米国では今年、シボレーコルベットが最も多く様々な賞を獲得している。その理由は、伝統のあるアメリカ的なスポーツカーのキャラクターを持ちつつ、ヨーロッパのスポーツカーのパフォーマンスを両立しており、それが評価につながった」とし、このイメージの結果、「アメリカだけではなく、日本でも非常に大きな人気につながっている」と語った。

価格は、日本ではベースモデルで、989万円。Z51スポーツパッケージコンバーチブルは、1159万円。

シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田千鶴子》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田千鶴子》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田千鶴子》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田千鶴子》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田千鶴子》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》 シボレー・コルベット コンバーチブル《撮影 内田俊一》