シボレー コルベット コンバーチブル 新型

1953年に第1号車がラインオフしてから60年以上の長きにわたり、アメリカはもとより世界中でファンを獲得してきたシボレー『コルベット』。5月24日より日本に導入されるコルベットのオープン版、『コルベット コンバーチブル』の写真を一足先にお届けする。

クロスフラッグのエンブレムが象徴するようにレースフィールドと常に向き合ってきたコルベット。ル・マン24時間耐久レースでは2001年に1-2フィニッシュを飾るなど7度のクラス制覇を成し遂げている。

7代目となる新型にはレースフィールドで培った技術がふんだんに投入されており、LT1型6.2リットルV8スモールブロックエンジンが搭載される。最高出力339kW(460ps)、最大トルク624Nm(63.6kgm)を発揮し、直噴システムや可変バルブタイミング、気筒休止システムも搭載され、パフォーマンスと環境性能の両立が図られている。

「Z51」グレードに搭載されるエンジンは、ドライサンプオイルシステムを採用し最高出力343kW(466ps)、最大トルク630Nm(64.2kgm)に高められ、強化されたサスペンションやブレーキ、エアロパーツなどが専用装備され、ユーザーのサーキットユースにも応えている。

新型コルベットには5つのモードを選べるドライバーモードセレクターが装備されるのもトピックだ。モータースポーツ直系のスポーツ走行から悪天候にまで対応し、ステアリングアシスト量、スロットルレスポンス、トラクションコントロール、メーター設定など最大12の機能をセッティング可能となっている。

シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型 シボレー コルベット コンバーチブル 新型