日立化成は、平成26年度全国発明表彰において、「高性能なリチウムイオン二次電池用炭素材料の発明」(特許第3325021号)で特別賞「朝日新聞発明賞」ならびに発明実施功績賞に輝いた。

表彰式は7月8日、ホテルオークラ東京(東京都港区)にて行われる予定。

リチウムイオン電池用炭素材料は、同社が開発、生産しているリチウムイオン電池用負極材で、今回の発明はその製品の材料・製造方法に関する特許。

粒子の内部に細孔を形成した擬似等方性の球塊状黒鉛粒子にすることで、従来の負極材に比べ、エネルギー密度や大電流特性などを飛躍的に高めることに成功し、高性能なリチウムイオン電池の実用化に貢献したことが高く評価された。

リチウムイオン電池は、大容量で小型・軽量である特性を生かして、近年ではハイブリッド自動車・電気自動車、再生可能エネルギー向け蓄電池などにも使用されている。

今回の受賞の対象は、発明の名称が、「高性能なリチウムイオン二次電池用炭素材料の発明」で、賞名は、「朝日新聞発明賞」、受賞者は、石井義人氏(日立化成 機能材料事業本部 無機材料開発部 開発部長)、西田達也氏(日立化成 機能材料事業本部 無機材料開発部 開発担当部長)、藤田淳氏(日立化成 機能材料事業本部 主管研究員)、山田和夫氏(元 日立化成)の4氏。

発明実施功績賞を受けたのは、日立化成 執行役社長の田中一行氏。