マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人

実は『アクセラスポーツ』の中でも「XD」の6速AT車は、カタログ記載の車重が1450kgと、シリーズでもっとも重い。とはいえ、それをモノともしないのが、2.2リットルディーゼルターボのパフォーマンスなのだ。

6速MT車は試乗済みだったが、果たしてATとではどうか?の事前の心配はまったく無用だった。1000rpm台から反応がよく、2000rpmを過ぎるとより活気を帯び、3000rpm以上回してもパワー感が衰えない。どの領域でも、あくまで自然体で活き活きとしている。100km/hは2000rpmを下回る程度だが、欲が出て、さらに多段化を望みたい……と思えるほど。ATとの組み合わせは、MTに較べ、僅かながら室内で感じる音・振動のレベルも低くマイルドに思える。

車重をモノともしないのはハンドリングも同様。公道を走る範囲なら、アクセラならではの“切ればスーッと入っていく”素直な身のこなしが味わえる。また18インチタイヤながら乗り心地が異例にいい。うねりを通過してもボディが煽られず、フラットライドをキープしてくれる。

車線逸脱防止機能などフル装備。ステアリングに使われる本革も上級素材で、しっとりと滑りにくい表皮の感触がいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人 マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人 マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人 マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人 マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人 マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人 マツダアクセラスポーツXD撮影 島崎七生人