MINI・クーパーS《撮影 内田俊一》

新型『MINI』のインテリアは、MINIのデザインアイコンを残しながら、最新テクノロジーと遊び心を加え、現代的な仕上げがなされている。

MINIマーケティング・ディビジョンプロダクトマネジメントマネジャーの岡田信之さんはその特徴について、「従来インストルメントパネル中央に、センタースピードメーターがあり、これがデザインハイライトのひとつだったが、これを、新型では現代的なデザインアイコンとして、センターディスプレイに変更した」という。

センターディスプレイの外周にはLEDのリングが装備されており、例えば、「エアコンの温度調整を回したり、オーディオのボリュームを回したりすると、LEDのイルミネーションが操作に呼応して円周上に光るという遊び心を持った新しい機能だ」と話す。

センターディスプレイを採用した結果、スピードメーターはステアリングコラム上に移動し、視認性向上につながっている。

また、インテリアのトグルスイッチもMINIが伝統的に採用しているものだ。新型では、このスイッチも進化したと岡田さん。「インストルメントパネル中央にやや大きめのトグルスイッチを採用。これは、エンジンのスタート・ストップスイッチとして機能し、エンジンの始動前には赤い光が鼓動のように点滅する遊び心を持っている。このトグルスイッチにより、エンジンを始動するたびにMINIを所有、運転するという喜びを感じてもらえるだろう」と語った。

MINI・クーパーS《撮影 内田俊一》 MINI・クーパーS《撮影 内田俊一》 MINI・クーパー《撮影 内田俊一》 MINI・クーパー《撮影 内田俊一》 MINI・クーパーS《撮影 内田俊一》 MINI・クーパー《撮影 内田俊一》 MINI・クーパー《撮影 内田俊一》