アメリカン・バンタム偵察車 BRC

静岡のプラモデルメーカー、アスカモデルは、ジープの基礎となった「アメリカン・バンタム偵察車 BRC」の1/24スケールモデルを発売した。

第二次世界大戦中、米軍は各メーカーに対して、機動性に優れた小型車両の開発を要請。現実離れした要求性能に名乗りを上げるメーカーがない中、果敢にチャレンジしたのがバンタム社だった。わずかなスタッフしかいないバンタム社では不眠不休で試作車を製作し、軍のテストに見事合格するが、生産能力を心配した軍はバンタムから提出された図面をウイリス、フォードの各社にも渡し、追加試作を発注。結果としてウイリスとフォードが量産の生産を担当することとなった。バンタム社にも生産が発注されたもののその数はごくわずかだったという。今回、アスカモデルではこの希少モデルにスポットを当て、現代に蘇らせた。

ミリタリーモデルは1/35スケールが一般的だが、今回は1/24スケールでモデル化。細部に至るまでの詳細な再現を可能にしている。ラダーフレームにエンジン、トランスファー、前後アクスルを搭載、タイヤを取り付けて完成したシャシーにボディを架装すれば完成という、実車そのままの構造をその手で再現できるフルディテールモデルとなっている。

パーツ数は約170点、仕上がりの全長は約13.5cm、幅6cm、高さ6.5cm。そのサイズを同じ1/24スケールのカーモデルと比べてみることで、いかにコンパクトな車両だったかも理解できる。また、ウイリス・ジープに詳しい人なら、さまざまな共通点を発見でき、バンタムの構造こそがウイリスの原点であることも容易に推測できるはずだ。

価格は4500円(税別)。

アメリカン・バンタム偵察車 BRC アメリカン・バンタム偵察車 BRC