フォルクスワーゲン シロッコR(ジュネーブモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》

フォルクスワーゲンは4日、ジュネーブモーターショーで2ドアクーペ『シロッコ』と高性能モデル『シロッコR』の改良新型を発表した。

今回の改良でシロッコはエンジンラインナップを刷新、環境性能と動力性能を高めた。さらに外観を最新のフォルクスワーゲン哲学に則ったデザインに変更している。

シロッコとしては92kW(125ps)から162kW(220ps)までの5種類のエンジンを設定。さらにシロッコR用に206kW(280ps)のハイパワーエンジンを用意する。新型はこれらのエンジンラインナップで、19%の燃費向上を果たしているという。

外観デザインの変更も注目のポイントだ。最新のフォルクスワーゲンデザイン哲学を取り入れると同時に、前後ライトユニットのLEDを刷新。表情を大きく変えている。バンパー形状は、新型『ゴルフGTI』のイメージを受け継ぎ、ブラックアウトされたフィン状のデザインを採用、よりスポーツ性を増している。

フォルクスワーゲン シロッコR(ジュネーブモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン シロッコR(ジュネーブモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン シロッコR(ジュネーブモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン シロッコR(ジュネーブモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン シロッコR(ジュネーブモーターショー14)《撮影 宮崎壮人》