ルノー コレオス撮影 島崎七生人

2度目のフェイスリフトを受けたルノー『コレオス』。ブランドロゴを大きくし、グリルとランプを連続的にしたデザインは、最新の同社の顔に歩調を合わせたものだ。

助手席電動パワーシート、ブラインドスポットワーニングやBOSEサウンドシステムを新たに標準装備。インテリアでは濃色の木目調パネルを各部に追加するなどした。インパネのデザインなどは踏襲され、運転席に座ると、スッと背筋を伸ばし、ウエストラインが全体に低い、機動的なSUVのポジションが確保されている。

後席もゆったりとしており、上下2分割のバックドア(下側の耐荷重は200kg)も健在。洒落たSUVも増えるなか、堅実、質実剛健といった言葉が似合う仕上がりは、相変わらずの魅力。後席床下の収納スペースや、後席用の空調吹き出し口、テーブルなど、ファミリー向けの装備、機能も充実している。

走りも相変わらずの懐の深さ。SUV本来のしたたかさとルノーの心地よさが組み合わせられた、快適で心強い乗り味は色褪せていない。ステアリングの操舵フィールも相変わらずなめらか。170ps/23.1kgmの性能を発揮するのは4気筒の2.5リットルのガソリンエンジン。今となってはやや大きめの排気量だが、4気筒の軽快さと排気量の余裕で、街中も高速走行時も、ゆとりを持って走らせていられる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

ルノー コレオス撮影 島崎七生人 ルノー コレオス撮影 島崎七生人 ルノー コレオス撮影 島崎七生人 ルノー コレオス撮影 島崎七生人 ルノー コレオス撮影 島崎七生人 ルノー コレオス撮影 島崎七生人 ルノー コレオス撮影 島崎七生人