タタ ナノ・ツイスト(デリーモーターショー14)《撮影 古庄速人》

地元の雄として「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)で大きなブースを展開したタタ・モーターズ。超低価格車として話題を集めた『ナノ』も、ステージでスポットライトを浴びていた。

タタはナノの上級仕様として『ナノ・ツイスト』をラインナップに加えたばかり。ナノ・ツイストはインテリアの意匠変更や電動パワーステアリングの追加など、装備面の充実が図られたモデルだ。今回は早くもそのフェイスリフト版が登場…と思いきや、もっと大がかりな変更が施されたモデルだった。

ナノ・ツイストアクティブと名づけられた新モデルの最大のポイントは、リアにハッチゲートがあること。ナノにたいする大きな不満点のひとつ、後席バックレストを前に倒さなければ荷物が置けないという不便を解消するモデルだ。このほかの相違点はヘッドランプとフロントガーニッシュに高級感を持たせたことと、前後バンパーの意匠変更。

さらに燃料タンク容量が15リットルから25リットルに拡大され、同時に公開された新型車ゼストと同じ「Fトロニック」と呼ばれる5速セミATを搭載する。現段階ではコンセプトカー扱いだが、その他のメカニズムはナノ・ツイストと変わらず、近いうちの発売が予想される。

タタ ナノ・ツイスト(デリーモーターショー14)《撮影 古庄速人》