チューニングカーギャラリー

北ホールはサプライヤーやチューニングショップなどが集まる展示エリアだ。一説によるとコンパニオンのレベルは北が高いというくらい、ある意味、中央、東西、北とある4つのエリアのうちいちばん活気のあるホールかもしれない。

そして、この北ホールでは、自動車関係雑誌各誌による「チューニングカーギャラリー」が開催されていた。

例えば、「オプション」のギャラリーでは、『180SX』にVR38DETTを換装したモデルやV8エンジンに換装した『86』などが目を惹く。「オプション2」では、編集長自慢の1000馬力『スープラ』やマッドマイク選手専用のドリフト専用『RX-7』などの展示でアピールしていた。「ドリフト天国」は、『シルビア』のSR20DETエンジンを載せた『ニュービートル』だ。

「Revスピード」はDランゲージによるスペシャルマシン『インプレッサ R205 GRB』を渋く展示する。このインプレッサは筑波最速タイム(同車種比)を追及したモデルだ。エンジンはTOMEIのEJ26DGをMOTEC制御によるチューンを施してある。また、インタークーラーを前置きにするため、エアフローをオリジナルと逆にしている。オリジナルのままインタークーラーだけを前に移設するキットなどもでているが、こちらのほうが配管が短くできるのでレスポンスがよいそうだ。

R35のエンジンに換装されたシルビア V8が載った86 1000馬力スープラ マッドマイク選手専用 SR20DETが載ったニュービートル チューニングカーギャラリー 効率よくICを前置きにするためエアフローの向きを逆にした 筑波タイムアタックスペシャルなGRB ドライバーの菊池靖選手がいたので記念撮影