メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》

メルセデス・ベンツ日本は東京モーターショー13において、『SLS AMG』の最終モデル『SLS AMG GT ファイナルエディション』をワールドプレミアした。

ベースモデルとなるのはSLS AMG GTで、ノーマルのSLS AMGから20馬力アップ、足回り、トランスミッションなど全てを強化したモデルだ。基本的なメカニカル部分はSLS AMG GTと共通で、「内外装を、最後を飾るに相応しい特別なものに仕立てている」と話すのは、同社商品企画・マーケティング部アシスタント・マネージャーの古川麻樹さん。

SLS AMG GTをベースモデルに選んだ理由について古川さんは、「SLSシリーズの中で最も完成されたクルマであること」を理由として挙げる。

ブラックシリーズについては、「レーストラックまで意識した究極のモデルではあるが、ロードゴーイングカーとしてのSLSの答えのひとつがGTと考えると、そのGTをベースに仕上げるのが相応しい」と述べる。

この最終限定モデルについて、古川さんは「全ての面で喜んでもらえる仕様だ」という。「価格面でも、ベースとなるGT(クーペ2650万円、ロードスター2750万円)に比べ、装備面を考えると喜んでもらえる価格に出来たと思う」と語った。

ファイナルエディションは、世界限定350台。日本へは25台(クーペ20台、ロードスター5台)ある。価格はクーペ、2980万円。ロードスターは3080万円だ。

メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)《撮影 内田俊一》