ホンダエナジー カンパニーロゴ

ホンダのブラジルにおける風力発電事業会社であるホンダエナジー・ド・ブラジル・リミターダ(ホンダエナジー)は、四輪車生産に必要な電力創出を目的とした風力発電拠点の建設に着手した。

風力発電拠点は、サンパウロ州スマレ市にあるホンダ四輪車工場から南へ約1000kmに位置するブラジル南部のリオ・グランジ・ド・スル州シャングリラ市に建設。2014年9月の稼働開始を予定している。

今回の風力発電事業は、企業活動で発生する環境負荷の最小化を目指して行うもの。ブラジル自動車業界ではホンダが初となる。風力発電事業への総投資金額は約1億レアル(約43億円)を予定している。

ホンダエナジーが運営する発電拠点には風力タービン9機が設置される予定で、年間発電量は現在ホンダブラジルでの四輪車生産活動(年間生産台数約14万台)に必要とする年間電力量に相当する約9万5000メガワットアワーとなる見込み。工場で必要な電力量を再生可能エネルギーで創出することによるCO2排出量の低減効果は、年間約2200トン以上に上る見込み。

また、ホンダエナジーは着工に合わせて、新規に設定したカンパニーロゴを発表した。ロゴの丸い円は地球を表し、持続可能な自然を表現。また、円内のラインは風力発電に必要な風の動きとホンダの環境活動の強化を表現した。ロゴのメインカラーに使用した青は生命に不可欠な青空(きれいな空気)ときれいな水を象徴している。