「KOPEN future included Rmz」

ダイハツは、第42回東京モーターショーに出展するコンセプトカーを3台発表した。

今回注目すべきは、復活が待たれる軽オープンスポーツ「コペン」の後継だ。

「KOPEN future included」の名で登場したそれは、ヘッドライトとルーフ以外の全ての外板を“着せ替え”できることが最も大きな特徴だ。

デザインはスタイリッシュ&エモーショナルなスタイルの「Rmz(アール・エム・ゼット)」と、タフ&アグレッシブなスタイルのXmz(クロス・エム・ゼット)。両スタイルは着せ替えが可能であり、新たなクルマの価値とカタチを提案した。

ちなみに、Rmzの“R”は「Road」を意味し、Xmzの“X”はラギッドや未来を表す「X」の意。両者に共通の“mz”は「Master zero」の略で、「新たなコペンの原点になってほしい」という意味が込められているという。

搭載されるエンジンはインタークーラーターボ付き水冷直列3気筒DOHC。トランスミッションはパドルシフト付きCVTで、駆動はFF。

登壇した広報担当者は、今回発表したコペンについて「あくまでもコンセプトカーであるが、市販に向けて開発を進めている。デザインや意匠はこれに近づけていきたいし、着せ替えに関しても、考え方の部分は踏襲し、安全性などを検討して進めていきたい」と話した。

「KOPEN future included Rmz」 「KOPEN future included Rmz」 「KOPEN future included Rmz」 「KOPEN future included Rmz」 「KOPEN future included Rmz」 「KOPEN future included Rmz」 「KOPEN future included Xmz」 「KOPEN future included Xmz」 「KOPEN future included Xmz」 「KOPEN future included Xmz」 「KOPEN」ボディ骨格 「KOPEN」ボディ骨格 東京モーターショー13 ダイハツ KOPEN 東京モーターショー13 ダイハツ KOPEN