トーヨータイヤがSEMAショー13で初公開する日産GT-Rのカスタマイズカー

トーヨータイヤ(東洋ゴム)の米国法人は10月29日、米国ラスベガスで11月に開催されるSEMAショー13において、日産『GT-R』のカスタマイズカーを初公開すると発表した。

トーヨータイヤはここ数年、SEMAショーを重視しており、ブースを構えている。今年のSEMAショーには、6台のカスタマイズカーを展示する予定。その中のハイライトが、日産GT-R。

この日産GT-R、Liberty Walkブランド製のワイドボディキットを装着。迫力のルックスに変身した。大きく拡幅されたフェンダーに収まるのは、トーヨーの高性能タイヤ、『プロクセスR888』。20インチの大型サイズを履く。

また、3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンは、最大出力を600psオーバーまでパワーアップ。パワフルな心臓部に対応して、足回りには車高調整式ダンパーと強化スプリングを組み込む。車高は大幅にローダウン。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。