日立建機が発表した2013年9月中間期の連結決算は、経常利益が前年同期比22.0%増の167億5200万円、増益となった。

売上高は同0.8%減の3737億4400万円と小幅な減収となった。TCM株式を全て売却して連結対象外となったため。

建設機械は、日本では排ガス規制に対応した新型機の拡販に注力するとともに、顧客の機械を総合的にサポートする新サービスメニュー「コンサイト」の提供を開始した。

海外では、代理店との連携強化に取り組むとともに、地域ニーズに合致した製品の拡販に力を入れてきた。

マイニング機械は、需要が比較的堅調なロシアCISなどでの積極的な受注活動に注力した。

営業利益はマイニング機械の減少があったものの、中国の増収、資材コスト低減などの効果で、同19.6%増の250億3700万円と増益となった。当期純利益は同33.6%減の106億9900万円と大幅減益となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。