佐川急便は、環境負荷低減を図るため、幹線輸送用に大型天然ガストラック3台を導入すると発表した。

同社は、大気汚染物質の削減と地球温暖化の防止を目的に低公害車を積極導入してきた。特に、天然ガストラックは、CO2やNOxの排出量が少なくPM(ディーゼル微粒子)を全く排出しない。このため、1997年から導入を開始し、2013年9月現在では4041台を保有している。2011年9月には、国際天然ガス自動車協会から2011年のトラック部門で保有台数世界一であると認定されている。

また、天然ガストラックの導入を促進するため、独自に天然ガス充填スタンドを全国に22か所も設置している。

同社ではこれまで、量産化されている小型車を中心に天然ガストラックを積極的に導入してきた。

同社は昨年、日本ガス協会が実施した大型天然ガストラックの実証事業に協力し、開発段階にあることで普及の進んでいなかった大型天然ガストラックが、安定した航続距離を確保でき、中距離幹線輸送に対応可能であると実証されたことを受け、今回導入を決めた。

2014年3月をめどに、大型天然ガストラック3台を購入し、埼玉〜仙台間、東京〜名古屋間、名古屋〜京都間の3路線の幹線輸送に導入する。これにより年間約11トンのCO2削減効果を見込んでいる。

車両購入費用については、国土交通省と環境省の連携する「大型CNGトラックを活用した低炭素中距離貨物輸送のモデル構築事業」による補助金を活用する。