スズキ・クロスハイカー

スズキは、11月23日から12月1日まで東京ビッグサイトで一般公開される「第43回東京モーターショー2013」の出展概要を発表した。

スズキブースの出展テーマは「新しい物語をつくろう。」。ブースデザインは、シンボリックなS字ボーダーが軽やかさ、優しさを演出する明るい未来を表現した開放感のある構成とし、メインステージの後方には3.6m×40mの超ワイドパノラマスクリーンを配置。メインステージに流れるコンセプトカーの紹介映像は映画監督 岩井俊二氏がプロデュースする。

スズキは今回、次世代軽量プラットフォームを採用したコンパクト・クロスオーバー『クロスハイカー』、ハイブリッドシステム搭載の小型四輪駆動車『Xランダー』、軽自動車クロスオーバータイプの提案モデル『ハスラー』『ハスラー クーペ』の4台を世界初公開する。

また、コンパクトSUVのコンセプトモデル『iV-4』を日本初公開するほか、傾斜表示や音声案内で安心機能を高めたセニアカーのコンセプトモデル『ET4Dコンセプト』を世界初公開する。

スズキ・Xランダー スズキ・ハスラークーッペ スズキ・ハスラー スズキ・iV-4 スズキ・ET4Dコンセプト