スカニアのトラック(東京トラックショー2013)《撮影 山田清志》

スウェーデンのトラックメーカー、スカニアは東京ビッグサイトで開催された「東京トラックショー2013」(10月24日〜26日)に自慢のトラックを展示した。来場者はその大きさに圧倒され、さらに運転席に入って驚いた。

なにしろ運転席に立っても天井は遙か上にあり、手を伸ばしても届かないほど。高さは230cmもあり、シートは革製でまるで高級車のようだ。また、至る所に収納スペースがあり、センターコンソールの引き出しには、携帯電話からA4サイズのバインダー、カップ、サングラスなどを収納することができる。そのうえ、ベッドは広々とした二段ベッドになっている。

「人間工学に基づいて、トライバーの快適性を追求したつくりになっていて、最高レベルの要求水準を満たすためにデザインされています」と同社関係者は説明する。そのキャッチフレーズは「世界で一番快適な仕事場」とのことだ。

もちろん、環境への配慮も怠りなく、独自のEGR(排気ガス循環)システムにより、すべての走行環境での有害物質の低減を効率的に達成。さらにSCR(選択的触媒還元)が排ガス中の窒素酸化物を削減し、非常に優れた排出ガス低減レベルを誇っているそうだ。

価格は1520万円。同社ではこれまでにないトラックの快適性で、日本市場を切り開いていきたい考えだ。

スカニアのトラック(東京トラックショー2013)《撮影 山田清志》 スカニアのトラック(東京トラックショー2013)《撮影 山田清志》 スカニアのトラック(東京トラックショー2013)《撮影 山田清志》