ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》

定番のメッキグリルをあしらったダイナミックな顔つきのダイハツ『タントカスタム』。人気の高いシリーズだけに、新型も手堅いルックスにまとめられた。

外観では今どきのセンスの15インチアルミホイールが標準(試乗車「RS“SA”」)。このホイール&タイヤサイズのみが違うだけで、標準の『タント』とは足まわりの設定自体は共通だそう。前後スタビライザー付きの仕様同士なら、カスタムも決して乗り心地が硬い訳ではなく、ステアリングの操舵力と反力が僅かに増して感じるのがカスタムの特徴だ。

動力性能にも好感がもてる。64ps/9.4kg-mと性能に余裕が上乗せされるターボにより、機敏な加速が可能。1000rpm台から実用的な力強さをスムースに発揮してくれるのがありがたい。

240mmの後席スライド始め、機能面は標準車と同じ。タコメーター付きのコチラのメーターもクッキリと見やすい。「SA」グレードならスマートアシストも標準となるのでさらに心強い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》 ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》 ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》 ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》 ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》 ダイハツ タントカスタム《撮影 島崎七生人》