ホンダ軽キャンパー撮影:山内博

10月12日、13日にインテックス大阪で開催された大阪キャンピングカーフェスティバルでホンダ『N BOX』ベースの軽キャンパー『N BOX+Neo』が展示された。愛知県を本拠とするホワイトハウスがN BOXをベースに架装したものだ。

N BOX+Neoの特徴は、屋根の上にロフト風の室内を作れるポップアップルーフと、FF(Forced draught balanced Flue type)式のエアヒーターだ。ポップアップルーフは、全長1800mm×全幅1000mmのベッドスペースを作り出すことができる。エアヒーターは、少量のガソリンを車室外で燃焼させて、クリーンで安全な温風を車内とポップアップルーフに供給できる。

主要な装備には、フルフラットのエアマット、車外に引き出せるアウトギャレイ、全窓カーテン、モスキートネット、外部電源100Vソケットと室内コンセント、リアキャリアがある。オプションで100Wのソーラーシステムでサブバッテリーに充電することもできる。

ホワイトハウス キャンパー事業部の営業担当、浅岡恭平氏によると「当社はホンダ車のディーラーも経営しており、通常のホンダ車に乗るのと同様のサービスを受けられることがメリットです。キャンパー未経験者にも安心して乗っていただけると思います」とコメントした。

NBOX+Neo撮影:山内博 NBOX+Neo撮影:山内博