ミャンマー・カレン州

豊田通商は、ミャンマー・カレン州における道路建設機材整備計画において、日本政府の無償資金供与案件(ODA)を受注し、9月2日に、同国建設省と受注契約を締結したと発表した。同社にとって、民主化後はじめてのミャンマー向けODA案件となる。

カレン州は同国南東部に位置し、タイ国境に沿った山岳地帯。カレン州は長年の紛争に伴う国内避難民の帰還・再定住が課題となっている。現在、カレン州・パアン港からタイへ繋がるトンネルを建設中で、カレン州内の開発事業に必要な道路整備が急務となっている。

今回、同社は日本政府と共同で、日野自動車ダンプトラックを中心に27台を受注し、2014年より納入する。ダンプトラックは、主にカレン州のインフラ整備用に使用。同州内の道路整備の促進を図り、地域の開発促進を進めていく。