ナンバーを取得した超小型モビリティ

NTNは10月25日、同社が独自開発した「インホイールモータシステム」を搭載した2人乗り電気自動車(EV)5台がナンバーを取得したと発表した。

電気自動車等を活用した低炭素社会モデル事業を推進する三重県が、伊勢市や桑名市、津市などを運行地域として、NTNのインホイールモータシステム搭載EVを国土交通省に申請。中部運輸局長から超小型モビリティとして認定を受けた。インホイールモータ方式の超小型モビリティとしては、日本初の認定となる。

超小型モビリティは、軽自動車よりもコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる2人乗り程度の車両。新たなカテゴリーの乗り物として、今年1月に道路運送車両法に基づく基準緩和を活用した認定制度が創設された。

NTNの超小型モビリティは、中部5県(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、福井県)で運行を開始。認定を受けた合計5台のうち1台は三重県伊勢市へ貸与し、公用車として利用されるほか、協議会メンバー、観光モデルコースなどに利用してもらう。

木目調デザインの1台は伊勢市観光協会へ貸与