ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人

“洗練”がコンセプトという、ボルボの「R-DESIGN」。モデルイヤーチェンジで新型となったラインアップのうち『S60 T6 AWD R-DESIGN』は、ときめきのある走りが印象的だ。

何といってもインパクト大なのがエンジン。3リットルの直6ターボは、今どきとしては贅沢なユニット。理屈抜きで6000rpmに達するまで全域で胸のすく加速と回転フィールを味わわせてくれる。しかもその過程での“音色”も聞き応え十分。もちろん豊かなトルク、キレのいいパワーは、6速ATを介して自在なコントロールが可能。329ps/48.9kg-mは、オプションの「ポールスターパフォーマンスパッケージ」により得られるものだが、性能はもちろん、近年のボルボ車のエンジン中、感性を刺激してくれる最良のフィーリングだ。

専用スポーツサスペンションも、改良の入った最新型がベースのため、よりしなやかになった。ロールが自然なこと、4輪が路面を舐めるように接地していること、ステアリングの“効き”が確かなことなどが美点。前1080kg/後ろ700kg(=試乗車車検証上に標記の数値)の重量配分ながら、山道をキレイにこなす。乗り心地も驚くほどしなやかだから、ファミリーカーとしてもまったく問題なく通用する。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人 ボルボS60 T6 AWD RーDESIGN撮影 島崎七生人